*All archives* |  *Admin*

2012/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
パパが撮ろう!子どもの写真
【パパのための連続講座第1弾】

パパが撮ろう!子どもの写真

どんどん成長する我が子のかわいい姿はいつまでも残しておきたいですよね!デジカメの基礎知識や、子どもの自然な姿を上手に撮るコツをつかんで、我が子の専属カメラマンになろう!

2012年7月28日(土)10:00~12:00
開場 9:50~     受付。講座の前半はパパのみの参加になります。
10:00~11:30  「パパが撮ろう!子どもの写真」講座
11:30        ママとお子さんは、講義室に集合。
11:35~12:00  撮影会。晴れていればすぐ裏の瀬谷第三公園で行います。

●対象:これからパパ・ママになる人、または0~3歳のお子さんのいるパパとママ
   ※保育はありません。
●会場:瀬谷地区センター3階 講義室
   駐車場の利用には限りがあるます。徒歩や公共交通機関をご利用ください。
●申込:申し込みは「まんま」まで。TELかメールでどうぞ。定員20組。
   氏名、お子さんの年齢、住所、電話番号をお知らせください。
   メールはまんまウェブサイト下部にある「お問い合わせ」より送信できます。
●持ち物:デジタルカメラ、筆記用具
●参加費:無料
●講師:阿部マサヒロ フォトグラファー・放送業務システム工事業
   横浜市出身、旭区在住の46 歳。 大学1 年・中学2 年(ともに男の子)の父。25歳で歯科技工士から放送業務システム構築の世界へ転身。 本業の傍ら、趣味が昂じカメラマンとして活動を開始。 イベントやブライダル・商品撮影の他、葬儀撮影なども経験。現在は学校イベントの撮影を中心に活動中。



ヒーリングDAY
ヒーリングDAY
7月4日(水)10:00~15:00

ヒーリングサロンのセラピスト4名がひろばに勢ぞろいします。事前の予約もOKです。料金などは通常通りの会員価格です。一時預かりを利用できます(ただし、予約優先です)
・予約するのは面倒
・予約しても子どもの具合が悪くなってキャンセルするのは申し訳ない
・予約するほどではないが、ひろばにセラピストがいるなら施術して欲しい
・その日の気分で、セラピストを選びたい。
なんて思っている方、ぜひこの機会にご利用下さい。

【メニュー】
●耳つぼジュエリー&カードセラピー
●足つぼマッサージ&整体
●カイロプラクティック
●ボイジャータロット

《特典あり!》
ヒーリングデーに施術を受けられた方には、4人のセラピストの施術割引券を差し上げます
※この割引券は、ヒーリングデー以外の日にお使い下さい。4人の施術を受けるまでこの割引券は有効です。有効期限はH25年3月末です。
7月の「まんま」
まんま通信7月号ができあがりました。
今月はヒーリングDAY、サックスコンサート、パパ講座などたくさん企画がありますよ~
何もない日も「のんびり、まったり」おしゃべりしに来てくださいね。

初めて『まんま』を利用する方へ…初回ビジター利用時に限り、赤ちゃんDAY、ベビーマッサージ、骨盤体操、ノンプログラムの日は、ビジター利用料(¥500)が無料になりますので、ぜひ一度遊びに来てみてくださいね♪

★印のついたプログラムは予約制です。
参加費の他に別途ひろば利用料がかかります。
電話で予約を受付しています。(TEL:045-303-5393)
ひろばの利用はプログラム優先になりますのでご注意ください。
なお、プログラムはやむを得ず変更となる場合があります。

7月4日(水)ヒーリングDAY 10:00~15:00
ヒーリングサロンのセラピストがひろばにそろいます。ひろばはいつも通り遊べます。
詳しくは→コチラ

7月5日(木)赤ちゃんDAY 10:00~12:00
ねんね、はいはいの赤ちゃん優先の、のんびりDAYです。あんよ以降の子は午後からどうぞ。
【参加無料】ひろば利用料のみ

★7月6日(金)サックスコンサート 13:30~
瀬谷出身・在住のサックス奏者・田村哲さんがひろばで演奏をしてくれます。生のサックスの音は迫力満点!
お友達も誘ってぜひ聞きに来てください。
● 田村 哲…1984年生まれ。2010年、みなとみらいホールにてソロデビューリサイタルを開催。その他、多くのオーケストラや吹奏楽と共演。
【参加無料】ひろば利用料のみ

★7月9日(月)和みのヨーガ 10:30~12:00
育児や家事で疲れた体を癒す、日本人向けにアレンジされた、がんばらないヨーガです。
講師はインストラクターの水谷真由美さん。動きやすい服装でどうぞ。バスタオル持参で。
【参加費】会員¥500 ビジター¥700

★7月10日(火)骨盤体操 10:30~12:00
産後の骨盤の歪みや体の癖を調整する体操です。講師は飯塚明美さん。
バスタオル・フェイスタオル・飲み物(お茶かお水)持参で。
【参加費】会員¥500 ビジター¥700

7月17日(火)ひろば会議のため、お休みです。

★7月18日(水)ベビーマッサージ 10:30~12:00
マッサージでベビーとコミュニケーション。講師は蔵根静江さん。ママ向けのワンポイントセルフケアもあり。バスタオル持参で。
【参加費】会員¥700 ビジター¥900(オイル代込)

7月19日(木)保育士さんと遊ぼう 10:30~12:00
ネストの保育士さんと、手遊び歌やパネルシアターで遊びましょう。
【参加無料】ひろば利用料のみ

★7月25日(水)勉強会「子どもの夏の過ごし方」10:00~12:00
旭区・サンクリニック小児科医・相澤扶美子先生による勉強会。年に4回ほど、薬に頼りすぎず自然治癒力を高める普段の生活の仕方などを、分かりやすくお話いただいています。
今回のテーマは、「夏の子どもの過ごし方」です。
・紫外線が心配。日焼け止めは必要?
・あせもや虫さされ、夏のスキンケア対策。
・節電対策も大事だけど、暑すぎるのも心配。暑さを乗り切るコツは?
・夏に流行る感染症について、などなど。
【参加費】会員¥500 ビジター¥700

★7月28日(土)パパのための連続講座(1)「パパが撮ろう!子どもの写真」10:00~12:00
詳しくは→コチラ

★7月31日(火)水あそび 10:30~
まんまの3階のベランダに小さいプールを出して水遊びをします。タオルや着替え、水着または水遊びパンツの準備をして来てね。ママの日焼け対策も忘れずに!雨天や気温の低い日は中止します。
【参加費】会員¥100 ビジター¥200

○●○●○●夏休みのお知らせ●○●○●○
8月9日(木)~8月15日(水)の間、ひろばは夏休みとさせていただきます。
8月25日(土)は瀬谷銀座通りのなつまつりです。まんまも出店するよ!遊びに来てね!


違う空間
かねこです

昨日は、「パラグアイティータイム」とうイベントに誘われて、参加してきました。
まんまのヒーリングスタッフ「吉田直美」が、
※メヘンディ(ヘナタトゥー)でイベントに出店したので、
PRも兼ねて私が腕に描いてもらい、ウロウロする~係をしました。

メヘンディ


※(メヘンディ=ヘナタトゥーとは、ヘナという天然の植物染料を使って、肌にペイントし、皮膚に着色させるもので、インドなどを中心にお守り的な意味で描かれます)


メインイベントの「アルパ」というハープ演奏がとても素敵でした。
あたしが持っている「ハープ」のイメージとは違った音色で、
鮮やかな民族衣装とともに、癒しの時間をもらいました。

個人的には、「牛乳列車」という曲がよかった~

牛乳と人を運ぶ列車が、緑の草原をゆっくりゆっくり走る様子をイメージしている曲だそうで、
もう、すっかり「草原の私」になって聞いちゃいました。

【アルパスタジオソンリーサ http://www.arpasonrisa.com/】



もうひとつ。
主催のHAYA―HAY さんは、フェアトレードのお店。
私がすっかり気に入って購入したのは、フィリピンの業務用の小麦粉袋で作られたエコバッグ。

エコバッグ


現地の女性がせっせと何度も洗った袋を、日本で縫製しバッグにしているとのこと。
なかなかカワイイ絵柄で、小麦粉やるじゃん。って感じ。
フィリピンと日本の女性のコラボでできてる、ってのもいいよね~

【HAYA-HAY http://haya-hay.com/】



忙しいときこそ、日常と違う時間を過ごすのは、やはり大事だね~


沖縄 慰霊の日
6/23、沖縄は「慰霊の日」でした。


20代後半の数年間を沖縄で過ごし、
本土の人間の「平和ボケ」を実感し、
今なお苦しむ沖縄県民とのギャップに衝撃を受けた体験から、
毎年、「慰霊の日」には沖縄について発信してきました。

今も、基地問題に翻弄される沖縄が、
最大の犠牲を払った戦争での出来事を、
全体に忘れてはならないと、強く思っています。

一日遅れとなりましたが、
一人でも多くの方が「何か」を感じてくれたら嬉しいです。


/////沖縄の書き込みより/////


★その1
戦時中の壕を再現した展示内で。
本土から来た修学旅行で来た中学生の発言。

「お化け屋敷みたい」「気持ち悪いから、早く出よう」

まだまだ沖縄の人たちの犠牲や現在も抱えている問題が、本土の人達には伝わっていないと感じてしまいます。

しかも、今日は慰霊の日で、
沖縄戦で犠牲になった人達を慰める遺族や沖縄の人達が大勢集まる日です。
沖縄戦に関心が無くても、せめて慰霊の日の今日ぐらい、
しかも平和記念公園では周囲の空気を感じて行動して欲しかったと思います。

このような光景を見ると、
沖縄の人が65年前に犠牲になり、
現在も米軍基地を抱えている苦しみは本土の人達には理解できていないのかなと思います。

沖縄の人がいくら基地撤去を叫んでも、
本土の人達との思いにギャップがあると、解決は難しいでしょう。

私たち沖縄人は、もっと積極的に戦争の悲惨さや沖縄戦の犠牲、そして現在の基地問題を発信して、
平和の尊さを訴えていかなければ行けないと感じた一日でした。


*************************************************


★その2
去年のゴールデンウィークにひめゆりの塔へ行った時の出来事です。
会館を出た所で私の前方を歩いていた県外の老人男性が

「大袈裟にしおって!!」

と非常に残念な言葉を吐きました。
もしそれが本意ならば、その老人男性は多分家庭でも子供や孫達にそういう感情で伝えているのでしょう。

うちは、伯父、伯母も戦争の犠牲者となっているので、尚更、聞きたくない言葉でした。
凄く悲しかったですね。
これは現実で、こんなに悲惨な戦争だったのにと思いました。


修学旅行生の発言には毎年苦笑いですよ。
今年は・・・女子トイレでの出来事です。

生徒:「せんせーい!まだここにいないといけないの?もう暑くてイライラする!もう二度とこんなトコに来たくないよ!」

先生:「もうちょっと我慢してよ・・・!先生だって好きできてるわけじゃないのよ!もうちょっと頑張って!」


*********************************************

こんな発言、「教育者」として、いや「人」としてありえない。


ウチの息子が高校生の時、修学旅行で「沖縄」に行く、とわかり喜んだ私。
しかし、沖縄に行くのに「戦争体験」の時間が無いと知った。
前年にはあったのになぜ???

当然、私の怒り爆発。

学校に抗議しました。

「リゾートビーチのバナナボートは、自分で稼ぐようになってから乗ればいい!
修学旅行ですよね? 何のために沖縄を選んだのか! 沖縄県民に失礼だ!」

「前任の担当が決めたこと。配慮が無かった」という
謝罪?の手紙はもらいましたが、結局、コースが変更されることはありませんでした。

でも、抗議の生かどうかはわかりませんが、翌年から戦争体験は復活しました!


しかし、体験現場で、上記のような光景があるとすれば、
「ただ行っても、何も残らない」のかもしれないね。

教育って、大事だね。


プロフィール

NPO法人まんま

Author:NPO法人まんま
子育てに煮詰まっている…
子どもと2人で家にいると息が詰まる感じ…
大人の会話ができない…
子どものことだけじゃなく、私の話を聞いて欲しい…
乳幼児を抱えてる時期の親の悩みはさまざまです。
子育てをみんなで一緒にできれば、少し気持ちが楽になるかも。
いろんな親がいて、いろんな子どもがいる。
「あなたのまんまで、いいんだよ」
と言ってもらえるそんな親子の居場所を、この町に作りたい!と考え、瀬谷区に0~3歳までの親子のひろば『まんま』を立ち上げました。
●運営「NPO法人まんま」
●横浜市補助事業「親と子のつどいの広場事業」
●地図はこちら
●プログラムのお問合せ/お申込は
…045-303-5393

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード