*All archives* |  *Admin*

2012/04
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
次の試練がきた
バカンスその② かねこです。

4/30(祝)
昨日は下界に戻り2日目、調子にのって動いてたら、夜中に具合が悪くなってしまいました。

しかも、「傷」のほうじゃなくて、後頭部首近くに起こった、激しい頭痛。
家族が「くも膜下」とか心配して、救急車呼ぶ〜というので、
「それは勘弁して」ということで、
深夜対応してくれる、脳神経外科医がいた病院に、車で向かいました。
(手術した病院には脳神経外科がなかった〜)


日曜の深夜だし、対して期待していなかったのですが、
CTもMRIも撮ってくれて、もちろん手術のことも話したので、いろいろ調べてくれました。
スタッフも皆親切で、私のイメージとはだいぶ違いました。

とにかく、痛みが辛かったのですが、点滴で対応してくれたので、即効性があり、すぐに楽になりました。(それも怖いけどね)

頭のMRIの、断然面白かったです。
はじめて見る、自分の頭の中、いろいろ質問しちゃいました。
まだ、脳はゆるんでませんでした。よかった〜
血管も左右同じじゃないんだよ〜

結果、痛みに直結する原因はわかりませんでしたが、別な問題が見つかってしまいました。
それは、また今度お話しますね。


そんなわけで、帰宅したのは、朝4:30。
今日はおとなしく横になり一日を過ごしました。
おかげで、息子が録りためておいてくれた「ドラマ」をまとめて見れました。

何せ、バカンス中は21時消灯で、周囲にTVみてる人もいなかったので、春からのドラマが何も見れずにおりましたので(^^;)

夕方、改めてネットで検索してみたところ、麻酔と頭痛の関係がだいぶ分かりました。
もちろん、麻酔科医からも説明はありましたし、簡単な冊子も貰いましたが、頭痛については、
「頭痛が起こる可能性があります」
と、さらっと1行書いてあるだけでした。

頭痛の原因になっているのは、背中から入れた麻酔のようです。
ネット上に私と同じ症状の方が、たくさん質問していて、それに対する麻酔科医の回答も、納得できる内容でした。
一応、明日手術を受けた病院には電話してみようと思います。

麻酔は、痛みから守ってくれる反面、このような副作用があることを身を持って確認した感じです。


結論、今の痛みは
「しばらくすればよくなるから、圧がかからないように横になり、おとなしくしてろ〜 辛かったら痛み止め飲め〜」ということのようです。
私の苦手な「辛抱」ですね〜


横になるのも、おなかの傷の痛みを取るか、頭痛を取るか・・・
という感じで、今日は傷には我慢してもらいました。テヘ。


そんなワケで、またまた次の「天からの画策」に気づいたのですが・・・。
そのお話はまた今度。


そうそう。
確実に、今は胃が小さいっす。
うどん1杯で腹いっぱいなんて・・・ありえねえ

本格ダイエットもチャンスかっ??
よし! 明日はみたらし団子食べよう! じゃ、痩せないかっ!
気づいたこと
バカンスその② かねこです。

4/29(日)

いい天気でしたね〜
たまった洗濯物や冬っぽかった寝具など、次々洗濯して、気持ちよかった〜
出したりしまったりしていたコート類も、やっとクリーニングに出し、
これでようやく初夏に向かう準備ができました。

あっちこっちリフォームが終了して、そのままバカンスに入ってしまったので、なんか、自宅が新鮮です。

バカンス前にも、時間ないなりに、「覚悟の整理」を多少したんですが(一応ね)
改めて、あちこち見ると、
「なんだよ〜もっと捨てるものあるじゃ〜ん」
と思ったり、

ず〜〜〜と使ってるキッチンの調味料棚の引き出しを見て
「え? この棚の仕切りって動くの?」
みたいなこと12年住んでて今更発見?したり・・・
面白いね〜


今日は、友人がおうちランチしに来てくれました。
もう、20年来の友人で、一緒に来た高校生の次女は、生まれる前から知っているわけです。

いっぱい食べて、いっぱいしゃべって、あっという間に何時間も過ごしました。
「あれ、最後に一緒に(高校生の娘と)ご飯食べたのいつだっけ?」
「う〜ん、小学生だったかも・・・」


そうかも・・・なんてこった!
なんだか、スゴく損した気分だ・・・
街中ではよく会うけど、立ち話程度だし、向こうの自宅に届けモンしてもいつもせわしなく帰っていたし・・・

あ〜、かわいい娘と、ご飯ぐらいもっと食べられたはずなのにい!
おばかだよ〜 私は。


新しいバイトの先の話とか、秋にいくの修学旅行の話とか、いろいろ話してくれて嬉しかったよ。


う〜〜ん。
悔しいけど、やっぱりやっぱり、今回のバカンスは「天から」仕組まれましたね。
私にはいろんな意味で必要な「気づき」が多すぎる・・・


さて、51歳。
この「気づき」を、上手く生かせるんだろうか
生還
バカンスより、無事生還した金子です

まあ、何より美味しいパンが食べたかったっす。

・・・というわけで、
「【ポンパドール】がいいな〜
でも、元町だと駐車場めんどいな〜」

とか思っていたら
「!! 近くにあるじゃん!』と、いうわけで
クイーンズの「ポンパドール」に駆け込み、
息子にトレイを持たせ、しこたま買いこみました〜

夜は、絶対パスタ食べるぞ!

う〜〜ん、少しだけ減った体重は、三日で戻るかもね〜


しかし、せっかく生還したんだから、
51年もよく私に付き合ってる「体」を、
これからは、少し大事にしてあげなくちゃね〜


そうそう。
異物が取り除かれて、一番分かりやすかったのは、
座ったまま、自分のつま先が触れたこと。


「肉」が邪魔で届かねえ〜と、ずっと思っていたんだけど、(それもなくはないけど)
摘出後、届くんだな〜


傷の痛みは多少ありますが、
重度の貧血も解消し、邪魔者は切除し、つま先にも届き?
よかったです〜


これからは「自由だ〜〜〜〜!」(今まで以上に)
プールも温泉もいつでも入り放題だ〜

酒も飲み放題だ〜
あっ、これ関係ないか・・・


実は、密かにこの一連を仕組んだ人がいると思っています。
それは、私が9歳のときに亡くなった母です。

「こいつは、いくら忠告してもきかないし、医者にも行かないな。だったら、ここは最終手段だ!」
と、「どっきり的」に仕掛けたんだとふんでいます。
そうじゃないと、こんな面白い仕掛けで病が見つかる訳が無い!

母にしてやられたって感じです。

まあ、でも、せっかく天から貰ったお休みなので、いろいろちゃんと考えるきっかけにします

そうそう、パスタだっ! テヘペロ




いよいよ、明日は下界へ
バカンス中の金子です

いよいよ、明日は下界へ
規則正しすぎる生活とは、明日でさよなら~

でも、今までのような生活に、すぐには戻れないし、戻さないほうがいい面もたくさんあるな。
今年度は、ちゃんとカラダ作りしますわ!


でも、この仮の住まい?はなかなか快適でした。
着替え、タオル類、リネン類、は取替え放題。
4人部屋でも、バストイレ付き。

でも、一番よかったのはロケーション!
これでだいぶ気が晴れました。



昨日気になったわかい姉ちゃんは、本日手術で、お母さんも来てました。よかった・・・

いろんな患者を相手にする「看護師」は、大変だけど、いい仕事だね。
どうやって、ストレス発散してるの?
って、ベテラン風な看護師さんに聞いてみたら


「酒ですよ~酒~!」

だって。思わず  

「ミ~トゥ~!」


パシフィコへのゲートに、就活の学生が、ありんこのようにゾロゾロ入っていく姿を見て、
仕事ってなんだ?
と、考えました。

自分は散々自由な暮らしを選んだから、子どもにも自分の力で道を選んで欲しい。
就職がすべてではない、就職したからって、セーフじゃない。
みんな、会社選びの前に
どんな人生送りたいか、考えてるかな~

がんばれ! 若者~
おばちゃんは、心から応援してるんだよ!


さっ、これからロビーでのミニンサートにいかなくっちゃ~

退院は土曜の予定です。
バカンス中のかねこです

昨日、息子に頼んで「公募ガイド」を買ってきてもらいました。
その、大学生の息子が赤ちゃんだったころ、家にいる時間が退屈で
よく、この雑誌を買っていました。

いわゆる、応募して「なんかもらう」ヤツが、大集合の雑誌です。

今なら、ネット検索でなんでも応募できるけど、
あのころは、これがせいぜい。

でも、せっせとはがきを書き、いろいろもらいました。
ただ、応募するだけだと商品がしょぼいので、
キャッチコピーやタイトル考えたり、
商業俳句とか・・・

それはそれで楽しかったです。

あんまりヒマなんで脳が停止しては・・・と思い、今朝からガンガンはがき書いてます。
ちょっと楽しいかも~


ホントは、カラーペンとかシールとか駆使して、目立ちたいんだけど、
そこは、ほれこの状況じゃ仕方ない。
唯一持ってきた、ピンクペンと黒ペンで、がんばってます。




昨日から、イラっとしてるんですけど
隣のベッドに入ってきた若いねえちゃん。
おバカなのかフリなのか・・・

医者や看護師に何か聞かれても、
「う~~ん、わかんない」の連発。
さっき、医者が説明にきた内容を、5分後に聞かれても
「う~~ん、なんだっけな~?」・・・・・・・・・・・・・・


「夕ご飯どれくらい食べられましたか?」の質問に

「半分も食べられなかった~」って、
直前にバナナオレ飲んでりゃ、くえねえだろっ!

おまえ、しっかりしろ! 自分のことだぞ! パンパン!(平手)
ってやりたくなる・・・・・



でも、彼氏っぽい人の姿しか見てないのが気がかり・・・・
今日、家族のお見舞いくるかな~

退院は土曜の予定です。
プロフィール

NPO法人まんま

Author:NPO法人まんま
子育てに煮詰まっている…
子どもと2人で家にいると息が詰まる感じ…
大人の会話ができない…
子どものことだけじゃなく、私の話を聞いて欲しい…
乳幼児を抱えてる時期の親の悩みはさまざまです。
子育てをみんなで一緒にできれば、少し気持ちが楽になるかも。
いろんな親がいて、いろんな子どもがいる。
「あなたのまんまで、いいんだよ」
と言ってもらえるそんな親子の居場所を、この町に作りたい!と考え、瀬谷区に0~3歳までの親子のひろば『まんま』を立ち上げました。
●運営「NPO法人まんま」
●横浜市補助事業「親と子のつどいの広場事業」
●地図はこちら
●プログラムのお問合せ/お申込は
…045-303-5393

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード