*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高千穂にて 終
代表の金子です。


間延びした高千穂日記も、いよい最終回。
(何か月かかっとんねん)


翌日は、もう一つのお目当て
「高千穂峡」

太古の昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した溶岩による断崖が、
約7キロに渡り続いていて、
まさに「高千穂の顔」。
ここで絶対に遊覧ボートに乗る!と決めてました。
ボートから断崖と滝を見上げるなんて!ステキ!

※イメージです
img_takachihokyou[1]



だがしかし…
前日の雨の影響で川が増水。
危険だとの判断でボートが出ない…
そ、そんなバカな…

その場で、しばらく食い下がりましたがどうにもならない、とのこと…

一生に一度かもしれない体験だったけど、泣く泣くあきらめました。
(実際には、だいぶネバりました)
ちっくしょう~

でも、上からの眺めの最高! 
マイナスイオン的なもの最高!

P1000020.jpg


と、納得いくまでウロウロし、高千穂を後にしたのでした。



高千穂から宮崎空港までの帰り道、
昼ごはんに選んだのは、
延岡で有名な
「辛麺屋 枡元(ますもと)」
さすが人気店だけあって、中途半端な時間に行ったのに、
店は満員。


いよいよ席に案内されて、辛さを選んで…
と言われても、周囲が食べてる「真っ赤な色」見たら…
フツーでいいです。ええ。

辛麺


麺は通称「こんにゃく麺」と言うらしく、
材料にこんにゃくが含まれている…訳じゃなく、
こんにゃくによく似た食感の独特の麺らしい。
あら、うまい。


スープにはニンニクがたっぷり、ゴロゴロ。
マジか…
あら、さほど臭くも無く、パクリ。

見た目ほど、こってり感もなく、
結局、ぐいぐいイケちゃいました。
ごち。


通販もあるみたいだよ!試してみて~
http://www.karamenya-masumoto.com/tsuhan.html

そんなこんなで、
宮崎での濃厚なフリータイム2日間を過ごした、
6月の出来事でした。
は?今9月だし。
めでたし、めでたし。
スポンサーサイト
高千穂にて⑤
代表のかねこです

続けてかけてよかったわ。


さて、
高千穂神社の境内にある神楽殿では、
毎晩


夜神楽

が行われています。


重要無形民俗文化財に指定されているんだって。
でも、毎晩、ってのがすごいよね~

ありがたき。


無教養な私は、
神楽なんて初めて見るし、
どうかしら?と思っていたけど

P1000010.jpg


演者も高千穂のまちのみなさんが交代で演じていて、
とても庶民的なあたたかいものでした。
舞台を降りてのお客さんイジリとかも上手かったし~


本来は、毎年11月~2月にかけて
各村々で33番の夜神楽を実施し、
秋の実りへの感謝と翌年の豊穣を祈願するものとのこと。

P1000012.jpg



ここで毎夜行われる夜神楽は、
その中から4つの舞を披露してくれます。

舞や笛や太鼓もさることながら、
合間のMCがとても楽しかった~

なんでも、経験してみるもんですね~


P1000016.jpg


高千穂神社の夜神楽
毎晩実施
受け付け 19:00~
開演   20:00~(1時間程度)
1人 700円※小学生まで無料

(1)手力雄(たぢからお)の舞
(2)鈿女(うずめ)の舞
(3)戸取(ととり)の舞
(4)御神体(ごしんたい)の舞
※夜神楽三十三番より代表的な4番をピックアップ。




最終回へ続く
高千穂④
代表のかねこです

やだ~
びっくり~
前回からひと月たってる・・・


7/29の続き…

そんなこんなで、
晩御飯の前に、
周辺をぐるっと一回り散歩しました。

まず、
旧高千穂鉄道の高千穂駅(平成20年に廃線)を眺めて、
少しさみしい気持ちに…
鉄道があれば、ここで暮らす人たちの生活はもう少し便利だったはずだな。とか

そんなことを考えていたら、道に迷ってどんど遠くへ…
軌道修正しようと曲がった先に、県立高千穂高校が。

そうか、高千穂は剣道が盛んなんだね。
剣道部も全国大会常連だし、武道館は入り口に剣士像が。

…なんてぼうーと考えていたら


交差点で
「こんにちは!」
「こんにちは!」

「こんにちは!」と、

「こんにちは!」の嵐。

え~知り合いいないはずだけど~


いやいや。
野球部と思われる高校生が、
いかにも観光客とわかる私たちに挨拶してくれてるの。


いいね~ こういうの好きだね~
でも、あっちは1人1回だけど、
私はランニングの列が終わるまで、
何十回も言わないといけなくて、
「おいっ!」とツッコミそうになったわ。


やっと、軌道修正できて、
町の中心部に戻ってきたら、
なんだか周辺の風景とは少し違ったお店を発見。


めずらしいもんや いなば酒店

いなば酒店1



入ってみるでしょ、酒屋ですから。

店内はなかなかおしゃれで、
喫茶とか雑貨とかが店頭にあって、

いなば酒店2


奥まで入らないと酒屋だとわからないかも。

でも、酒の種類すごくて、
ディスプレイもオシャレで、
すご~くイイ感じでした。


いなば酒店3



オーナーの女性としばらくおしゃべりしつつ、
楽しい無駄遣いしました。


宿のそばの店で晩御飯食べて、
いよいよ、神社の夜神楽



続くぅ
高千穂にて③
代表のかねこです


7/23の続き…


さて。
フェニックス・シーガイヤ・リゾートを後に、
レンタカーで一路、高千穂へ!
ざっと、2.5時間の予定!


海岸沿いの道幅は広く、車線も多く、車は少なく、
中央分離帯にはどこまでもフェニックスが~
BGM欲しかったぁ、
ホテル・カリフォルニア~



まずは、延岡方面に向かって北上~
しばらく走って、途中の日向市にある
日向サンパーク温泉でランチ…

メニューにある、
お船出御膳
お船出ちりめん丼

お船出って???

歴史を知らない私には何のことやら…

解説によると…
神武天皇が、「御東征」の出発地として選ばれたのが日向市美々津だったそう。
そして、お舟出した神武天皇一行は、
沖に浮かぶ一ッ神と七ッバエと呼ばれる二つの岩礁の間を通って旅立ちましたが、
その後、一行が戻られることがなかったため、
この岩礁の間を通ると戻れないとされ、
現在でもこの間を通って沖に出る漁船はないそうです。

なるほど~それでお船出ね。
1個勉強になったわ。


腹ごしらえも済んで、再び北上。
海岸線沿いに10号線を進み、延岡市付近から山のなかへ。
高速なんだか違うんだかよくわからない、
作ってる途中な感じの道をずんすん進む。

ぜんぜん渋滞しないし、高速貸切~。

ようやく、道案内に【高千穂】の文字が。
そうなのよね。
高千穂って、宮崎県だけど
ほぼ熊本なんだよね。



二度と来られなだろうパワースポットだから、
なるべく全部廻りたい!いや、廻るぞ!
と心に決めてました。ええ。


まずは、
天岩戸神社(あまのいわと)へ



これまたお勉強。
天照大神(アマテラスオオミカミ)は
弟の素戔嗚命(スサノオノミコト)の
乱暴に怒り、天岩戸に籠もられた。
で、その天岩戸を祀る神社なんだって。


入念にお参りし、
その足で、天安河原

神社から岩戸川に沿って下ること約10分。

天照大神が岩戸にお隠れになった際、
天地暗黒となり八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり、
神議されたと伝えられる大洞窟へ。


もう、社のずっと手前から
ただならぬ空気MAX

観光客もそれなりに多く、
わさわさしてるのに、
ピンっ! ピシっ!っと張りつめた空気。
背筋を伸ばさずにはいられませんでした。

P1000003.jpg



社がある洞窟前の河原には、
祈願のために積み上げられ石が無数にあって、
さらに念のこもった空気が漂い、
私の鳥肌もMAXでした。


ドロドロの私を浄化してください!!と祈りながら
周囲の空気を体に取り込み、擦り付けました。

P1000004.jpg



間違いなく、
強烈なパワースポットでした。
ふう。

この日は、そのまま宿に直行。
まあ、旅館っちゃあ、旅館。

無理やり部屋に後付けしたと思われるトイレが、
(たぶん浴衣とか入れてたところだわ)
超せまい△スペースで、
体型的にホラ、ねえ、
仕方ないから、誰もいねえし、
ドア開けたママしたわ。

神様。ごめんなさい。

さて。次回は神社の夜神楽をご紹介へ続く~



宮崎にて②
代表の金子です

前回7/17の続き・・・

6/15 
お仕事終わって、直帰!するのはもったいない。
せっかく宮崎まで来たんだから、ここは行っとくっしょ。

パワースポット高千穂!

地元理事から
「高千穂~、遠いよ。もう1泊しないと無理だよ~」と言われていたんで、
その覚悟で出発!


…と、その前に。

このホテルには、なんともアジアンリゾ-ト・テイストな
「お風呂」があるの。
【松泉宮】っていう温泉で、
数年前出張で来た時、お泊りできなかったけど、
このお風呂だけ入って帰ったことがあって、
サイコーだったんだ~
sk_03[1]



そんなワケで、弱アルカリ性の強塩泉に、
朝一から入ってリラックス~~
ここ、松林の真ん中に露天風呂がある感じで、
解放感ハンパなし!


どこかから見えてたとしたら、ホントごめんなさい。
(そんなワケないけど)
もし、いつかもう1回くることができたら、
薪の明かりで、夜入ってみたいです。はい。


貸し切りの離れ湯もあって、
なんかオトナな妄想しちゃいます。ええ。

ssq_ty_01[1]


さあ、風呂から上がって、いざ高千穂へ


ルートは
ホテルからバスで駅⇒特急電車で延岡⇒バスで高千穂(ざっと3.5時間)の予定。


事前にホテルのコンシェルジュに、ホテル発の時間を確認しておいたので
その時間に合わせてお風呂を出て、バス停へ。

?????
時間をだいぶ過ぎてもバスが来ない・・・
ブツブツ言ってたら
ドアウーマンのお姉さんが

「どちら行きのバスをお待ちですか?」
「駅です」

「駅行きのバスは、約40後になりますが…」

「はあ~?」

もちろん、おこりんぼなワタシが黙っているワケもなく
コンシェルジュのところへ直行。


「さっき教えてもらったバスの時間。間違ってたんですけど。」

「申し訳ございません!!! 
  平日の時間帯をみてしまいました(-_-;)」


ここまでだと、シャラトン・ホテルなのにい?と思うでしょ。
でも、やっぱりちゃんとしてたよ。


やり取りを見ていたコンシェルジュの上司と思われる男性が
さっと出てきて、丁寧に謝ってくださり、今後の対応について話しました。


「時間的にもう電車には間に合わないので、レンタカーを借りて移動することにした」
と告げると、

「ホテル内でレンタカーの手配ができますので、ご案内します。
その間お荷物をお預かりします。
レンタカーの手続きが済みましたら、車がご用意できるまで、
よろしければカフェでお待ちください。」



吹き抜けのカフェでお茶してるウチに、
レンタカーが到着し、窓口で手続きをしていると
先ほどのコンシェルジュ上司がいらして、

「お荷物になりますが…」と言いつつ
ペットボトルのお茶と高千穂の地図とガイドブックを持て来てくれました。


やるじゃ~ん。

ミスは起るわな。どんなとこでも。
肝心なのは、そのあとのフォローがちゃんとできるかどうかなんだな、と
改めて実感しました。メモメモ。



というワケで、高千穂まではレンタカーで移動となりました。
今日中にたどり着くのか!?

次回に続く・・・

プロフィール

NPO法人まんま

Author:NPO法人まんま
子育てに煮詰まっている…
子どもと2人で家にいると息が詰まる感じ…
大人の会話ができない…
子どものことだけじゃなく、私の話を聞いて欲しい…
乳幼児を抱えてる時期の親の悩みはさまざまです。
子育てをみんなで一緒にできれば、少し気持ちが楽になるかも。
いろんな親がいて、いろんな子どもがいる。
「あなたのまんまで、いいんだよ」
と言ってもらえるそんな親子の居場所を、この町に作りたい!と考え、瀬谷区に0~3歳までの親子のひろば『まんま』を立ち上げました。
●運営「NPO法人まんま」
●横浜市補助事業「親と子のつどいの広場事業」
●地図はこちら
●プログラムのお問合せ/お申込は
…045-303-5393

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。